Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Chrome で複数の Google アカウントを切り替えて使う方法

めちゃくちゃ今更な話…。

Chrome ブラウザで Google Drive とかを開いた時、「ファイルの権限がないよ」とか言われて、「あっそうだこのファイルは User-A@gmail.com じゃなくて User-B@gmail.com で共有してたヤツだったわー」なんて気付いて、そっちのアカウントに再ログインしようとするんだけど、何度やっても

  • 「Choose an account to use with Google Drive:」

という見出しの画面が開いてしまう。

一度全てのアカウントからログアウトして、目的のアカウントにだけログインし直せば上手く行くのだが、クソめんどくさい。そこで、普段はアカウントごとにブラウザを使い分ける運用にしていた。

しかし最近、Chrome ブラウザに置いて複数の Google アカウントを切り替えて使う正しいやり方を知ったので紹介する。

  1. Chrome 右上のユーザアイコンを押下する
    • 「同期は有効です」とか「Google アカウントの管理」とかいう項目がある
  2. その中から、「他のユーザー」→「追加」を選択する
  3. 「ユーザーを追加」ダイアログが表示されたら、適当な名前を入力して「追加」ボタンを押下する
  4. すると Chrome のウィンドウが新たに開く
    • インストール直後のまっさらな Chrome ブラウザみたいな見た目になる
  5. このウィンドウの右上のユーザアイコンを押下する
    • 「ログインしていません」と表示されているはず
  6. その中から、「同期を有効にする」ボタンを押下する
  7. 「Chrome へのログイン」という画面が開くので、切り替えたいアカウントでログインする
  8. コレで、「手順 3.」で付与したユーザ名のウィンドウを、「切り替えたいアカウント」に紐付けられた

初めに 「Chrome ブラウザ内のユーザ」というモノを作ると、このユーザごとにプロファイルを分けて持てるようになる。ユーザが違うと、閲覧履歴、ブックマーク、拡張機能のインストール内容などが別々に保持される。

そして、こうして作った「Chorme ブラウザ内のユーザ」ごとに、同期する Google アカウントでログインしてやると、その Chrome ブラウザのユーザが、Google アカウントのユーザと一体になるのだ。

「ユーザ A」で Google ドライブを開きたい場合は、そのユーザのウィンドウで開けば良いし、「ユーザ B」で開きたい場合は、「ユーザ B の Chrome ウィンドウ」を開くことで、別々に閲覧できるワケだ。

複数の Google アカウントで同一の拡張機能を使い回したいのだが、それは出来ない様子。仕方がないので設定が同じになるように、拡張機能も入れ直して Google アカウントで同期しておいた。

とりあえずコレでスッキリと Google アカウント切り替えができるようになったわい。