Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Ubuntu をインストールするためのライブ USB メモリを作成する

Linux 専用マシンにしようと思って購入した ThinkPad X250。元々 HDD が内蔵されていたが、先日コレを SSD に換装した。元の HDD と SSD との間ではミラーリングやデータ同期等はしていないので、装着した SSD は空っぽだ。

今回は、この空っぽの SSD に Ubuntu をインストールするための「ライブ USB メモリ」を作成していく。

ライブメディアとは

Ubuntu の「ライブメディア」とは、CD や USB メモリなどに Ubuntu の試用環境とインストーラを入れておいて使用するモノを指す。

Windows が搭載されているようなマシンに「ライブ USB メモリ」を挿して、USB メディアを先に読み込んでブートするような BIOS 設定にしておけば、その USB メモリ内の Ubuntu が起動するという仕組みになっている。

コレでまずは自分の PC に Ubuntu を入れたらどんな具合になるか、ストレージとの相性をチェックしたりして、確認が終わったらインストーラを起動する、という流れで使うと良いだろう。

USB メモリを購入する

ライブ USB メモリを作るには、2GB 以上の容量がある USB メモリが必要だ。念のため 4GB 程度の USB メモリがあれば十分だが、最近はそんな小さい容量の USB メモリが逆に売っていなくて、自分は 16GB の格安 USB メモリをビックカメラで買った。

f:id:neos21:20200218000029j:plain

一応中身は Buffalo 製。800円程度。

f:id:neos21:20200217235955j:plain

Ubuntu のディスクイメージをダウンロードする

それでは、USB メモリに書き込む Ubuntu のディスクイメージを準備しよう。

自分は今回、Ubuntu Desktop 18.04.3 LTS 日本語 Remix というイメージを使うことにした。

このイメージは、オリジナルの Ubuntu 18.04.3 (本校執筆時点で最新版の LTS) に、日本語環境を追加したモノだ。最初から日本語での動作環境が整えられているらしいので、環境構築が楽になるかなーと思い選択した。

上のページから ubuntu-ja-18.04.3-desktop-amd64.iso というファイルをダウンロードする。ファイルサイズは 2GB 弱だ。

専用ソフトで USB メモリにディスクイメージを書き込む

ISO ファイルをダウンロードしたら、USB メモリにこのファイルをコピー…すれば良いワケではない。専用のソフトを使って書き込んでやらないと、ライブ USB メモリとしては動作しないのだ。

今回は Windows 用の Rufus という有名なフリーソフトを使用する。

本校執筆時点では Rufus v3.8 が最新版。Rufus v3.8 Portable (ポータブル版) である rufus-3.8p.exe をダウンロードした。

exe ファイルを開いてソフトを解凍し、Rufus を開く。

ネット上の記事では古いバージョンの Rufus を使っていて、スクショどおりの設定項目が見当たらないかもしれない。自分は Rufus 公式サイトのトップにあるスクショを参考に、次のように設定した。

f:id:neos21:20200218000003p:plain

  • デバイス : USB メモリを挿入し選択する
  • ブートの種類 : 先程ダウンロードした ubuntu-ja-18.04.3-desktop-amd64.iso
  • パーティション構成 : MBR
  • ターゲットシステム : BIOS または UEFI
  • 詳細オプションを表示する
  • ボリュームラベル : お任せのまま
  • ファイルシステム : FAT32 (規定)
  • クラスターサイズ : 8192バイト (規定)
    • Rufus 公式サイトのスクショは「4096バイト (規定)」が選択されていたが、自分が使った USB メモリだと8192バイトが規定になっていたので、規定のまま設定を変えずに進めた

というワケで基本的にデフォルトのままで OK。「スタート」ボタンを押すと警告ダイアログが出るが、全てそのまま進めていくと、書き込みがスタートする。

f:id:neos21:20200218000007p:plain

f:id:neos21:20200218000011p:plain

f:id:neos21:20200218000015p:plain

f:id:neos21:20200218000019p:plain

プログレスバーが「準備完了」になったら書き込み完了。「閉じる」ボタンを押下して閉じて良い。

f:id:neos21:20200218000024p:plain

以上

今回はライブ USB メモリを作成するところまで。

次回はいよいよ ThinkPad X250 に Ubuntu をインストールしていこうと思う。