Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Ubuntu 18.04 + US キーボードで日本語入力環境を整える

Ubuntu 18.04 をインストールした、US 配列の ThinkPad X250 で、自分の理想の日本語入力環境を整えていく。

自分の日本語入力環境

自分がコレまで MacOS や Windows で整えてきた日本語入力環境をおさらいする。

  • US キーボードを使用する (「半角 / 全角」キーなどが存在しない)
  • IME には「Google 日本語入力」を使用する
  • MacOS の場合は左右の Cmd キー、Windows の場合は左右の Alt キーで、IME のオン・オフを切り替える
    • MacOS では「Karabiner-Elements」と「英かな」の併用で実現している
    • Windows では AutoHotKey の「Alt-IME」というプラグインで実現している
    • 万が一これらのツールが効かなくなった場合は、Control + Space で切り替えられるようにしておく

ということで、Ubuntu 環境でもコレに近い環境を実現したい。

実現方針

以下のような方針で実現していこうと思う。

  • Linux には「Google 日本語入力」はなく、オープンソース版の「Mozc」を代わりに使用する
  • Linux には、IME のオン・オフなどを管理する「インプット・メソッド」という概念・ツールが存在する。コレには Fcitx を使う (Ibus よりも柔軟で使いやすいらしい)
  • Alt キーでの切り替えは、どうも Fcitx で実現できるようなので、試していく
    • コレが万一できない場合は Ctrl + Space で切り替えられるようにしておく

セットアップ手順

まずは以下のソフトをインストールしていく。

  • Fcitx
  • Fcitx 設定
    • Fcitx 本体と、設定画面を開くためのパッケージ
    • Ubuntu ソフトウェアからダウンロードできる
    • もしくは $ sudo apt install fcitx fcitx-configtool
  • Fcitx-Mozc
    • $ sudo apt install fcitx-mozc でインストールする

インストールが終わったらいったん「再起動」する。

  • 設定 → 地域と言語 (gnome-control-center region) → 入力ソース
    • 「英語 (US)」→「mozc-jp」と並べておく
  • 入力メソッド (im-config) : Ubuntu 標準搭載
    • fcitx を選択する
    • もしくは $ sudo im-config -n fcitx

インプット・メソッド設定を変更したらまた「再起動」する。

再起動後、「Fcitx 設定」を開く。

  • 「入力メソッド」タブ
    • 「キーボード - 英語 (US)」を一番目に配置する
    • 「Mozc」を2番目に配置する
  • 「全体の設定」タブ
    • 下部の「Show Advanced Options」にチェックを入れ、全ての設定を出す
    • 入力メソッドのオンオフ : Ctrl+SpaceAlt+バックスラッシュ を設定しておく (お好みで)
    • 入力メソッド起動のその他のキー : 無効
    • 入力メソッドをオンに : Ralt (右 Alt キー)
    • 入力メソッドをオフに : Lalt (左 Alt キー)

最後の2つ、「入力メソッドをオンに / オフに」の設定がミソ。コレのおかげで Alt 空打ちでの IME 切り替えができるようになる。

Ubuntu 18.04 LTS 日本語 Remix 使い方が全部わかる本

Ubuntu 18.04 LTS 日本語 Remix 使い方が全部わかる本

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2018/10/30
  • メディア: Kindle版