Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

Ubuntu 18.04 の不要な設定ファイル類を削除する

Windows だと「CCleaner」「Glary Utilities」的なソフトで色んなゴミファイルを掃除できたり、MacOS だとアプリ削除時に「AppCleaner」を使って周辺のゴミファイルも削除できたりする。

Ubuntu 18.04 では、通常 aptsnap コマンドでアプリをインストールするワケだが、これらのアプリのゴミファイルを消す方法をまとめてみる。

ゴミ箱内のファイルを削除する

ゴミ箱を空にするには以下の要領で。

$ rm -r -f ~/.local/share/Trash/files/*

aptitude コマンドで削除する

aptitude というコマンドで、パッケージ関連のゴミを色々削除できる。aptapt-get っぽいコマンド名だが、デフォルトでは入っていなかったのでこのコマンドのインストールから。

# aptitude をインストールする
$ sudo apt install -y aptitude

# 設定ファイルを削除する : 以下の2つは同じ結果
$ sudo aptitude purge ~c
$ sudo aptitude purge ?config-files

# クリーン
$ sudo aptitude autoclean
$ sudo aptitude clean

Synaptic を使って GUI で削除する

Synaptic というパッケージマネージャを使うと、GUI で不要なパッケージを確認・削除できる。Synaptic は以下でインストールできる。

$ sudo apt install -y synaptic

Ubuntu Cleaner を使って削除する

Ubuntu Cleaner が、CCleaner 的な感じで色んなアプリのゴミを消せる。パッケージ関連のゴミファイルも削除できるので、コレだけあればいいかも。

Ubuntu Cleaner は以下でインストールできる。

$ sudo add-apt-repository -y ppa:gerardpuig/ppa
$ sudo apt update
$ sudo apt install -y ubuntu-cleaner

Debian 辞典 (Desktop reference)

Debian 辞典 (Desktop reference)

Debian GNU/Linux徹底入門第3版 Sarge対応

Debian GNU/Linux徹底入門第3版 Sarge対応