Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

ラズパイ4のプライベート IP を固定し RealVNC を使って VNC 接続する・ついでに SSH 接続も試す

Raspberry Pi 4 に VNC で接続してみる。手順は以下を参考にした。

VNC 機能を有効にする

まずは Raspberry Pi の VNC 機能を有効にする。「設定」→「Raspberry Pi の設定」と進み、「インターフェイス」タブから「VNC」を有効にする。

ラズパイ4のプライベート IP を固定する

次にラズパイのプライベート IP を固定する。タスクトレイにある Wi-Fi アイコンを右クリックし、「Wireless & Wired Network Settings」を選択する。

「Network Preferences」ウィンドウで次のように入力する。

  • Configure : セレクトボックスから「SSID」を選択する
  • Automatically configure empty options : チェックを外す
  • Disable IPv6 : チェックを外す
  • IPv4 Address : 固定したい任意の IP アドレス を指定する
    • 今回自分は、タスクトレイに常駐していた RealVNC の画面に表示されていた 192.168.1.21 というプライベート IP を使うことにした
  • IPv6 Address : 空欄で良い
  • Router : ルータの IP アドレスを指定する
    • ルータの IP アドレスとは、大抵 192.168.0.1 などというアドレスになっていて、ブラウザでこの IP にアクセスするとルータの設定が変更できる。ルータによってアドレスが異なるので、実際にブラウザでアクセスしてみるなどして要確認
    • 自分はプロバイダの OCN から支給された RS-500KI というルータを使っているので、192.168.1.1 を指定することになる
    • 上で指定した IPv4 Address も、この 192.168.1.XXX の中に収まる任意の数値として 21 を使用し 192.168.1.21 としている
  • DNS Servers : 「Router」欄に指定したルータの IP アドレスを書く
  • DNS Search : 空欄で良い

このように設定して「適用」したら、再起動する。

RealVNC に登録する

再起動したら、タスクトレイに「RealVNC」が常駐していると思うので、開いてみる。

ココから「RealVNC」というサービスに登録できる。コレを登録しておくと「Chrome リモートデスクトップ」みたいな感覚でラズパイに VNC 接続できるようになるのでしておく。

アカウント作成は以下の記事などを参照。作成したアカウントでログインしておく。

VNC Viewer をスマホにインストールする

今回はスマホから VNC 接続してみようと思ったのっで、iPhone に「VNC Viewer」というフリーのアプリをインストールする。

VNC Viewer をインストールしたら開き、先程登録したアカウントでログインする。

すると、(ラズパイ4が起動されていれば) ラズパイ4が接続先として選択できるようになっているはずなので、選んで接続してみる。

ユーザとパスワードを問われるが、デフォルト設定では、ユーザ名は pi、パスワードはラズパイ初期設定時に登録した pi ユーザのパスワードで接続できる。

以上、こんな感じでラズパイ4に VNC 接続できた。スマホの画面タッチでマウス操作もできるし、iPhone のソフトウェアキーボード (Simeji) での文字入力もまぁまぁちゃんと動いているので、かなり使えそう。

コレで以降はラズパイ側にモニタや入力機器を接続しなくとも、リモート接続で操作できるようになった。

ついでに SSH 接続してみる

ラズパイ4の IP アドレスを固定化したので、同一ネットワーク (同じルータ) に接続されている他の端末から、SSH 接続を試してみる。今回は Windows GitBash より ssh コマンドで接続してみた。

# `pi` ユーザ + `@` + ラズパイ4のプライベート IP で接続する
$ ssh pi@192.168.1.21

The authenticity of host '192.168.1.21 (192.168.1.21)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is SHA256:XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no/[fingerprint])? yes  # ← 初回は yes と入力する
Warning: Permanently added '192.168.1.21' (ECDSA) to the list of known hosts.
pi@192.168.1.21's password: # ← `pi` ユーザのパスワードを問われるので入力する
Linux raspberrypi 4.19.97-v7l+ #1294 SMP Thu Jan 30 13:21:14 GMT 2020 armv7l

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
Last login: Sat May 23 00:44:43 2020

pi@raspberrypi 2020-05-24 00:23:14 ~
# ↑ SSH 接続できた

という感じで、ラズパイ4への SSH 接続は pi ユーザのパスワードのみで接続できた。鍵を使わないのでサクッと接続できる反面、パスワードが漏れたら SSH 接続されてしまうので、セキュリティ的には注意が必要か。今回は鍵認証の設定方法は説明しない。

以上〜。