Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

ラズパイ4をバッテリー駆動させるためのモバイルバッテリーを買った

ラズパイ4をモバイルバッテリーで駆動させるため、モバイルバッテリーを買ってみた。

以前、Anker Astro E5 第2世代という古いモバブーを使って、ラズパイ4と Elecrow 5インチ液晶をバッテリー駆動させることができた。

この製品は 16,000mAh の大容量なのだが、重量が 296g あり、2014年発売の製品と若干古いので、ラズパイ専用のモバブーとして何か安いのを買ってみることにした。

ラズパイ4は 5V・3A で電源供給できれば動作するそうなので、モバイルバッテリーを選ぶ際は出力のスペックが 5V・3A のモノを選んだ。安いモノだと 5V・2.4A 出力しかなかったりして、コレだとラズパイ3系までにしか対応できず、ラズパイ4では正常に動作するか怪しいので避けること。

色々探して自分が選んだのは、Power Add Aries I という 10,000mAh のモノ。値段が安くて、1,599円だった。

↑ コレね。

f:id:neos21:20200607171536j:plain

付属品はモバブーの充電に使用できる Micro USB-B ⇔ USB-A ケーブルと、USB-C ⇔ USB-C ケーブル。

f:id:neos21:20200607171541j:plain

USB-A ポートは 5V・3.1A 出力に対応していて、USB-C ポートは 5V・3A 出力とのこと。

見た目は角ばっていて格好良い。本体側面のスイッチを押すと、電池残量がパーセント値で確認できる。

f:id:neos21:20200607171546j:plain

Anker Astro E5 と比べてみたが、本体サイズは Aries I の方が大きい。重量は 399g ほどあるらしく、コンパクトさに欠ける。コレは完全に失敗した。安いだけで小さく・軽くなかった。

f:id:neos21:20200607171551j:plain

Aries I に、電源スイッチ付き USB-A → USB-C ケーブルを挿して、ラズパイ4に接続してみた。ラズパイ4の USB-A から、Elecrow の5インチ液晶の Micro USB-B ポートに接続し、液晶にも給電している。

この状態で、動作は問題なく行えた。Astro E5 より大きく・重たくて残念だが、ラズパイ4の駆動には使えたのが良かった。


安さで選ぶならこの商品は悪くない。10,000mAh という容量も十分だろう。これ以上容量を減らすと、5V・3A 出力に対応していない製品が多いので、製品選定の際は注意が必要。

もう少し高い商品なら、5V・3A に対応していて、200g を切るようなモバブーも売っているので、よりコンパクトにしたい場合は調べてみると良いだろう。