Corredor

ウェブ、プログラミングの勉強メモ。

2020-11-28 : このブログは2020年末をもって更新停止する予定です。
2021年以降は Neo's World (https://neos21.net/) で記事を公開していきますので、今後はコチラをご覧ください。
このブログの記事は2021年以降、Neo's World に順次移行していきます。元記事および本ブログは移行次第削除する予定です。

iPhone で「Ok Google」「Alexa」をやるには「Hey Siri, Ok Google」「Hey Siri, Alexa」と呼ぶ

「Hey Siri」を最近使い始めた。音声でなんかしたいと思うことは少ないが、ずっと自宅勤務で周りの目も気にならないし、検索窓を開くまででもない簡単な作業なら使いやすいかと思い、機能を有効にした。

Fire タブレットを持っているので「Alexa」も試してみたが、コチラは音声認識の精度が悪く、出来ることも Amazon の有料サービスに誘導されがちで微妙。

一番柔軟性があるのは「Ok Google」で、Nest Hub を買ったのもその柔軟性をかってのことだった。

ところで「Alexa」と「Ok Google」は、それぞれ「Amazon Alexa」と「Google アシスタント」アプリを導入すれば、iPhone でも使用できる。ただし、該当アプリを開いた状態でないと音声認識してくれない。

そこで、「Hey Siri」で Siri に対象のアプリを開かせるようにしてみた。

Google アシスタントの場合

Google アシスタントアプリの場合は、アプリの初期設定の時に「Siri ショートカットを追加」という項目が出てくるので、コレを有効にすれば OK。__「Hey Siri, Ok Google」と呼びかけることで「Google アシスタント」を起動できるようになる。

ちなみに「Google アプリ」という検索用のアプリもあって、コチラもアプリ起動中の「Ok Google」に対応しているが、

  • 「Google アプリ」の「Ok Google」は何でも Google 検索して検索結果画面を表示する
  • 「Google アシスタント」の「Ok Google」はアシスタントとのチャット形式で回答を表示する

という挙動・機能の違いがある。

「Google アプリ」を呼び出す Siri ショートカットも存在するので、「Google アプリ」の設定から追加しておくと良いだろう。

Alexa の場合

Alexa はデフォルトでは Siri ショートカットを用意していない様子。

そこで、iOS ショートカットの「スクリプティング」→「App を開く」を使って「Amazon Alexa」アプリを指定し、そのショートカット名を「Alexa」にしてやる。

すると「Hey Siri, Alexa」と呼びかけることで Amazon Alexa アプリが起動するようになる。

f:id:neos21:20200817170847p:plain

そこまでして3つを併用しないかもw

とまぁやり方は紹介したものの、1つの iPhone で3つの音声アシスタントを併用することはないかな、と思う。w

Nature スマートリモコン Nature Remo mini Remo-2W1

Nature スマートリモコン Nature Remo mini Remo-2W1

  • 発売日: 2018/07/12
  • メディア: Tools & Hardware